太平洋セメントは、自社開発の高純度シリカ粉末の用途開発を加速する。名古屋工業大学とのプロジェクトにおいて同シリカによる研磨で異種金属同士が接合される現象を見出した。自動車部品の軽量化や医療器具などでの需要を見込み、メカニズムの解明に取り組む。パワー半導体の単結晶材料としてサンプルワークしている超高純度炭化ケイ素粉末ではウエハー研磨材など関連する技術課題へ提案していく。シリカは塗料や合成ゴムの添加剤など多様な分野で使用されている。同社は後発ながら材料の特徴を生かし、これまでにない需要を創出していく。

車部品の軽量化や医療器具での需要を見込む

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る