太陽ホールディングスは、今期中に医薬品製造工場の買収を目指す。投資額は案件次第で最大100億円を想定する。中外製薬から譲受した長期収載品の生産の一部を、現在委託している協力工場から自社工場に移管する。内製化により製造原価削減、利益率改善を狙う。製薬企業は生産をアウトソースする流れにあるため、買収案件がみつけやすい環境になっている。また、嵐山事業所(埼玉県比企郡)を候補に開発受託製造拠点も立ち上げる計画。医薬事業を次のフェーズに進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る