宇津商事は台湾での事業展開を強化する。このほど台北市に現地法人を設立。2020年1月から本格的な営業活動を始める。同社にとって中国・上海、シンガポールに続く3カ所目となる海外拠点で、半導体関連および電子材料向けの薬剤の販売を主力業務とし、台湾と中国とのビジネスにも力を入れる。今後、現地企業との協業を進めるとともに、海外3拠点の連携を一段と密にしながらアジア全域で市場を掘り起こしていく方針。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る