宇部興産の泉原雅人新社長が化学工業日報の取材に応じ、2022年3月期までの3カ年新中期経営計画で、化学部門の営業利益を前期見込み比33%増の300億円に高める考えを明らかにした。車載電池部材、次世代スマートフォンに使うフレキシブル基板材料などの成長事業を伸ばし、ナイロン樹脂や合成ゴムなどの主力事業も高付加価値化を推し進めて収益の安定化を図る。成長に結びつけるM&A(合併・買収)も積極活用する。

泉原社長

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る