宇部興産は、来年にもジェネリック医薬品(後発薬)向けの原薬市場へ本格参入する。これまで新薬向けの原薬・中間体を受託製造してきたが、自社開発した原薬の製造販売事業も始める。来年から出荷する品目が出てくる予定。同社は近年、中国の原薬メーカーに出資するなど、全体の生産コストを低減できるサプライチェーンを拡充してきた。原薬事業の柱である新薬やオーソライズド・ジェネリック(AG)向け生産は基本的に1社が相手だが、後発薬は複数の企業が参入するため市場機会は広がると期待している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る