宇部興産の有機EL(エレクトロルミネッセンス)材料が折り曲げ可能なフレキシブルパネル向けに販売を伸ばしている。中国のパネル工場が量産に入り、発光層を形成するバックプレーン(駆動回路)向けフィルム基板用途で「ワニス」と呼ぶ液状材料の販売量が拡大。将来に備えた増産も検討し始めた。次世代スマホの登場などでフレキシブル有機ELパネルの需要拡大が見込まれるなか、フィルム基板材料でリーディングポジションを固める。

新たな成長源と期待されるポリイミドワニス。次世代スマホ向けのフレキシブルパネル需要を取り込んでいく

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る