化学工学会安全部会主催、化学工業日報社後援、安全工学会協賛で、東京と大阪で開催。「プロセス知識管理の実状と活用する側の視点に立った情報のあり方」などプロセス安全管理についての情報共有の重要性を識者が講演する。開催日時、場所などは次の通り。
 11月6日、東京大学・山上会館(東京都文京区)、募集80人。11月27日、大阪科学技術センター6階(大阪市西区)、募集40人。ともに午後1時30分から。講演後は懇親会も予定。
 参加費は一般1万5000円、安全部会・安全工学会・化学工学会会員1万円、一般学生1000円、社会人学生5000円。懇親会費4000円。参加申し込みは安全部会ホームページ(https://area34.smp.ne.jp/area/table/5547/25rv41/M?S=lbobs2mapft)から。申し込み後に請求書発送。(2019・9・12・2)

業界情報の最新記事もっと見る