安藤パラケミーは、インド調達品の充実を加速する。各種商材の具体化を模索するなかで、炭素数14~17の中鎖塩素化パラフィン(MCCP)について取り扱いを開始した。先ごろインド最大手メーカーと日本向け代理店契約を締結し、すでにサンプルワークと提案を行っている。欧州化学品規制(REACH)にも対応し、潤滑油や樹脂添加剤用途など、自動車領域をはじめとした拡販を視野に入れる。中部圏を中心とした在庫戦略を軸に、採用実績を積み上げていく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る