安藤パラケミーは、グループ全体で新規商材の育成を加速する。今年から中国の現地法人でノルマルヘプタンおよびノルマルヘキサンの日本向け輸出を開始した。ともに中国メーカーが精製する高純度品で、なかでもノルマルヘプタンを注力商材と位置付ける。日本における販売・出荷について本社を軸にサンプルワークを重ね、海上タンクへの在庫体制なども具体化を急ぐ。タイ現法を活用したタイ向け輸出も検討し、1年後にはノルマルヘプタンの取り扱い量を年間2000トンのレベルへと育成する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る