室町ケミカルは健康食品事業で攻勢をかける。新包装形態の製品投入に向けて、本社工場(福岡県大牟田市)に今年末めどに新設備を導入。既存タイプも引き合い増に対応して来期の拡張を視野に体制を整備する方針のほか、検査ラインや梱包ラインの一部機械化も計画する。製品開発・販売子会社を6月に合併し、情報共有化などシナジーを発揮できる体制も整えた。これらの効果で、健康食品を手がけるコンシューマーヘルスケア事業部の2020年度(21年5月期)売上高を17年度比で約4割拡大させる考え。

ゼリータイプを中心とした健康食品の引き合いが増えている

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る