今年6月に改正食品衛生法が公布され、食品包装容器について事前に安全性を評価した物質のみ原材料として使用するポジティブリスト(PL)制度が法制化された。欧米を中心に採用されているPL制度を導入することで国際的に整合性のとれた衛生規制とすることが狙い。海外で使用が認められていない物質の流入を水際で抑える防波堤としての役割も大きい。2020年度の施行をまえに運用面の詰めの作業が行われるなか、いくつかの論点が浮かび上がってきた。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る