富士ゼロックスは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を駆使し、ヘルスケア関連事業を強化する。複合機のスキャン技術を応用し、手書き文書をデジタルデータに変換してデータベース(DB)化、さらにはデータの2次加工・3次加工を施し、付加価値を創出する。富士フイルムとの連携とも推進し、医療現場の効率化につながるソリューションを打ち出していく。売上高に占めるヘルスケア関連の比率は低いものの、中期的に柱の一つに育成する考え。

手書き文字を高精度に読み取りデジタル化する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る