富士フイルムは橋梁など社会インフラのひび割れを自動検出する画像診断サービスに、2つの新機能を追加した。1つは大量画像の合成機能。ドローン撮影で取得した大量の画像から合成に必要な画像だけを抽出することでコストや合成時間を削減する。また、オフラインの現場で合成画像を確認できるようにした。万が一、撮影漏れがあった場合にすぐに現場で対応できるメリットがある。今後、剥離や鉄筋露出なども検出可能なアップグレード品の上市や、AI(人工知能)活用による損傷具合の判定サポートにも取り組む。続きは本紙で

大量の撮影画像から合成に必要な画像だけを自動で抽出する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る