富士フイルムは紫外線(UV)から赤外線(IR)までニーズに合わせて特定の光の波長をカットできる特定波長カット剤「COMFOGUARD(コンフォガード)」の用途開拓を強化する。写真感光材料などで培った技術を用いて開発した素材で、低い着色度を実現している。自社製品以外では、すでに眼鏡用レンズ用途に素材供給しているが、ニーズ探索を進め他の用途で展開を目指す。自動車部材、建材、ディスプレイなど幅広い用途での活用が見込まれている。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る