富士通は、ドローン(小型無人機)と3D技術を使ったデジタルメンテナンスの実用化を進める。二輪型マルチコプターで橋梁を近接撮影し、点群データから3D―CADモデルを生成し、点検データを管理・活用する。インフラの老朽化や技術者不足が進むなか、デジタル点検の導入による業務効率化を訴求し、今年度中のサービスインを目指す。続きは本紙で

車輪を回しながら橋脚の表面を移動して近接撮影(二輪型マルチコプターのドローン)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る