【ソウル=清川聡】日本政府による韓国への輸出管理の強化を受け、韓国企業が関連の原料・部材の在庫確保に奔走している。その対象は半導体関連にとどまらず、自動車や家電などにも広がり、最大で6カ月分の在庫を確保する動きもあるという。韓国企業の間では日本製品の使用自体を「リスク」とする認識が広がりをみせており、一部では新製品の開発段階で日本製の原料・部材を可能な限り除外することも検討しているもよう。今後の展開次第では、韓国における日本品のシェアが低下する可能性もある。続きは本紙で

半導体各社が在庫確保に奔走(サムスングループのソウルオフィス)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る