好調を続けていた射出成形機の生産に陰りが見え始めている。巨大市場である中国と米国の貿易摩擦が深刻化し、主力の仕向け先である自動車業界などが新規投資に慎重となっていることが背景にある。機械メーカー各社は中国以外の国での生産も検討を始めるなど、対応を迫られそうだ。各社は米国と中国という巨大な自動車の2大マーケットの動きを注視し、最適な事業運営を模索している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る