小原化工は2021年度(22年3月期)までの新中期3カ年計画をスタートした。「どの様な経済環境の中でも安定して成長できる企業体質を構築する」ことを骨子とする。最終年度の業績目標は売上高430億円、営業利益および経常利益9億円以上に設定。総資産利益率(ROA)については営業利益段階、経常利益段階でそれぞれ6%に引き上げる。目標達成へ向けて国内事業と海外ビジネスの拡大、新規開発を加速するとともに、不良債権の撲滅・コスト意識・危機管理意識の向上や人材育成・業務改善に取り組む。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る