小川香料は、西洋ハーブの1種「ウインターセイボリー」(WS)に「冷え性」対応の機能性があることを発見し、食品素材として市場展開を加速させる。WS配合の飲料を開発して、消費者庁に機能性表示食品の届け出を行っていたが、このほど受理された。これを契機に、機能性表示食品の開発に前向きな企業や新規素材に関心の高い食品・飲料メーカーなどに対し、WSの「冷え性」への科学的エビデンス(有用性、安全性データ)を示しながら、採用提案活動を推進し、顧客の開拓にあたる。続きは本紙で

ウインターセイボリー

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る