- 今年、力を注ぐことは。

 「消費者の指向が多様になりお客様は機能性、楽しさ、新規性、ストーリー性を求めた食品、香粧品ニーズを敏感に感じていると思う。当社としても、その想いに応えるべく提案力に磨きをかけることに力を注いでいる。その一つが機能性にかかわる科学的エビデンスを示すことである。しかもお客様が使いやすく、高品質な香り、風味を作り、香料やそれに関連する製品の採用機会を増やす。独自素材の開発を通じ当社しかできない製品の開発を行い、お客様との信頼関係を築くことがその前提として最も重要である」

 - 業務の効率化、スピード化への方策は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る