小松マテーレは、環境貢献資材である超微多孔セラミックス基盤「グリーンビズ」事業において、顆粒タイプで新領域を開拓する。農業分野では水はけをよくする土壌改良剤として実績を積み上げており、さらに新製品として持ち運びしやすく使用後は自然に返すことのできる土のうも開発した。屋上緑化や路面材などの建材用途で市場を広げてきたグリーンビズだが、農業用途や土木用途にも展開の幅を広げる。衣料などの繊維素材の染色工程から出る廃棄物を有効活用して製造するグリーンビズ。「衣食住あらゆる領域で社会貢献していく」(中山賢一会長)。続きは本紙で

グリーンビズカリューを用いた土のう新製品

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る