小林製薬は2019年12月期に売上高1730億円、営業利益273億円を目標に掲げた。19年を最終年度とする中期経営計画の目標値は一年前倒しで達成した。ただインバウンド需要が大きく貢献したこともあり、小林章浩社長は「(中計のテーマにした)実力ある成長を実現したとはいえない面がある。中計は完了していない。戦略事業の拡大、新製品の開発など引き続き進めていく」と述べ、今年度は事業内容を充実させ、数値的にはさらなる上積みを狙う。

会見する小林社長。最終年度となる今年度はさらなる数値的上積みを狙う

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る