スーパーエンジニアリングプラスチック用原料のDHDPS(ジヒドロキシジフェニルスルホン)の最大手である小西化学工業(和歌山市、小西弘矩社長)は、次世代シリコーン樹脂であるPSQ(ポリシルセスキオキサン)をさらに高機能化する。大手化学メーカーが保有する関連技術特許の取得が決まったことを明らかにした。PSQは電子部品の絶縁・封止向けの新材料として注目されている。小西社長は「成長が期待できるLED(発光ダイオード)や半導体レーザー分野への展開を加速したい」と今後の方向性を示した。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る