小野薬品工業は、医薬品固形製剤の製造で、連続生産とバッチ式を両立した生産体制を確立する。連続生産のメリットは色々あるが、同社はスケールアップ段階の効率化に期待。開発の初期段階はバッチ式で進めるが、医薬品の有用性(POC、創薬概念の実証)を確認した後の開発段階からは連続生産化することで、上市までの時間とコストを削減する。商用レベルになってからは医薬品製造支援(CMO)も活用していくため、委託先に応じてバッチ式へ戻せるよう互換性も研究している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る