- 社長に就任した11年前と比べて収益は大きく成長しました。さらに10年先を見据えると課題は何でしょう。

 「創業300年超の歴史を途絶えさせてはならないとの思いで取り組んできた。今後も存続するには米国で自ら新薬の承認を得て販売できる力が必要だ。研究開発費を1000億円、2000億円と引き上げられる体力がなければ置いてきぼりを食う。がん免疫薬『オプジーボ』の特許が切れた後の2031年頃に、グローバル製薬会社として存在感を発揮できていることが目標だ」

 - もう一段の成長に向けて規模を追うということでしょうか。続きは本紙で

 

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

 

インタビューの最新記事もっと見る