岡島はアジアのファインケミカル系メーカーが手掛ける商材について、取り扱いを開始する検討に入った。詳細は現段階では非公表としているが、同社が知見を持っている印刷関連向けの展開が見込める製品としている。同社は1年に1製品の新商材投入をテーマに掲げており、その具体化を加速している。新規性および機能性の高い製品の拡充を加速することによって、高付加価値型の事業構造への転換につなげていく方針だ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る