岩崎電気は、容器内殺菌向けランプ技術を開発した。小型キセノンフラッシュランプを容器の内側に挿入し、瞬間的にドライ殺菌する。パルス光を用いるため薬液や洗浄水が不要。熱変形やUV(紫外線)変質による臭気の発生もなく、飲料などの常温充填に対応する。すでに飲料メーカーなどから引き合いがあり、低環境負荷かつ食味向上につながる技術として広く提案する。プリフォーム、紙、缶など幅広い容器に向け、市場開拓を進める。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る