岩手県立大学ソフトウエア情報学部ソフトウエア情報学科の阿部昭博教授らの研究グループは、「ユニバーサルツーリズム(UT)安心システム」を開発した。リストバンド型のウエアラブルデバイスを活用し、心拍数などの身体情報を収集。高齢者や障がい者の観光をサポートする。旅行マーケットを占める高齢者の割合が拡大するなか、実用化に向け、パートナーとの共同研究を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る