岩手県立大学は、ハンドルを介した自動車の運転中の居眠り予兆検知システムを開発した。運転時にドライバーが常に接しているステアリングホイールに圧力センサーを施し、刺激と応答によって居眠り予兆を検知する。同システムを開発したソフトウエア情報学部の新井義和准教授は振動発生器と応答検出器、居眠り検知機から構成されるシンプルなシステムであり、実装は比較的容易だとみる。プロトタイプは完成しており、今後はパートナーとともに実証実験や製品化を目指していく。

シンプルな構成でカーアクセサリーとして簡単に装着可能(プロトタイプ)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る