島貿易はこのほど、マイクロプラスチックに対する社会的関心が高まるなか、環境負荷を低減できる可食フィルムと可食コーティング材を舞昆のこうはら(大阪市)と共同開発した。可食フィルムは海藻由来のアルギン酸100%でできており、無味無臭で透明度も非常に高く、水性可食インキで印刷可能。菓子やインスタント食品への展開をめざす。他方、可食コーティング材は耐水性があり、紙製のレジ袋やストローなどへの応用が期待できる。いずれも包装資材事業の柱として育成する。

ケーキを彩る可色フィルム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る