川崎市は、来年2月7、8日に同市内のカルッツかわさきで開く「第11回川崎国際環境技術展」の参加企業の募集を始めた。標準ブース1小間7万2000円からで、対象として想定するのは「大気・土壌・水環境」「水素エネルギー」「廃棄物・リサイクル」「環境マテリアル・素材」など。初回出展者に限定した割安なトライアルブースも準備する。  同展は例年2月に開催しており、2018年は131社・団体が出展し、会期中、約1万6000人が来場した。ビジネス交流会を設けるほかに会場内で30分、自社技術や製品、サービスをPRできるプレゼンテーションの機会も用意する。  申し込み締め切りは10月19日まで。詳細は川崎国際環境技術展実行委員会事務局(電話044-200-2313)まで。(2018/8/28/11)

業界情報の最新記事もっと見る