川崎重工業は実用化を目指している液化水素の用途として、化学品原料とするプロセス検討を進める。同社は液化、貯蔵・輸送、発電燃料としての利用にいたるまで、液化水素のサプライチェーン(SC)のすべてにかかわる研究開発、実証を進めている。また、CO2の分離回収技術の実証を関西電力と共同で実施中で、来年度は米国でも実施すべく準備を進めている。同社は液化水素の新たな用途として、分離回収したCO2と反応させて化学品を製造するCCU(CO2回収利用)プロセスの実現に向け、化学企業などとの連携も含め検討を進めていく。続きは本紙で

CO2分離回収プラント

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る