巴工業は機械事業において、新タイプの遠心分離機の事業展開を強化する。今夏から正式に提案を開始したディスク型を軸として、当初の方針通り食品・飲料領域に提案を行いながら、高機能なファインケミカル領域向けの提案にも注力する。国内製ニーズと細分化するニーズに対応することで、欧州製の高精度な遠心分離機が大きなシェアを占める同領域でも受注増を狙う考え。この戦略で化学品事業とも連携する一方、海外でも実績を持つ北米地域でグループ会社を通じた提案を行うことで販路を拡大していく。

ディスク型遠心分離機TCS120。高遠心力による高効率な分離能力が強み

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る