巴工業は、遠心分離機を手掛ける機械事業の中国向け戦略を再構築する。最適化された事業拠点ネットワークを敷く考えで、このほど従来からの上海拠点について閉鎖を決定した。2020年2月から近隣の太倉地区で新拠点の本格稼働を予定しているため。今後は製造・メンテナンスを太倉の拠点に一本化し、大規模かつ効率的な展開が可能な体制で遠心分離機の中国向け展開を伸ばしていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る