【上海=尾堂端文】巴工業は、海外事業で中国向けビジネスを強化する。中国・深圳で手掛けるコンパウンド加工事業について先ごろ、現地法人が保有するトラック便の充実を図った。同地域での排ガス規制を背景に輸送車両の基準も厳格化が進むなか、物流面でも安定した供給体制を敷くことを狙いとしている。自社便による安定した供給体制を生かして販路を拡大し、華南地区における日本・欧米系ユーザー向けの需要を取り込む。

コンパウンド生産拠点の「星際塑料(深セン)有限公司」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る