【バンコク=岩﨑淳一】帝人は、タイのポリエステル繊維事業で高弾性・低熱収縮糸の供給を拡大する。自動車や産業用ベルト向けなどが好調で、自動車生産増などによって需要の伸びが見込まれることから増設を検討している。タイの既存工場は増設の十分なスペースがないため、工場レイアウト変更などによる増強とともに、外部委託生産も選択肢として対応策を詰める。主要銘柄の日本からタイへの生産移管を完了し、新たな成長ステージに入る。

自動車や産業用ベルトを生産するTPL工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る