帝人はタイヤコード事業の展開に拍車をかける。2016年にタイ工場を立ち上げ、タイヤメーカーにおける承認活動を行っていたが一部品種が正式採用され、今年に入り量産を開始した。残る品種についても近く正式採用を見込んでおり、今年から来年初頭にかけて量産を開始できる見通し。日欧米系の高性能タイヤにおける拡販、および高級車市場が拡大している中国などでの新規顧客獲得にも努め、早期に稼働率を高めていく。19年3月期には年産1万6000トンのフル稼働を目指す。

タイヤメーカーから一部品種が正式採用され量産開始

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る