帝人は、熱可塑性樹脂をマトリックスに用いる炭素繊維複合材料(CFRTP)の成形品ビジネスで“軽量化プラスアルファ”を打ち出す。CFRTPパーツは、金属部品を置き換えることによる軽量化効果が第一の訴求ポイントだが、設計技術を加味して衝撃吸収部材や、機能素材との組み合わせによる遮音機能なども提案する。今期から“マルチマテリアルドアプロジェクト”も本格化、軽量かつ性能、意匠性、コストのバランスの取れた自動車用ドアの実証パーツにより自動車メーカーに提案、ティア1サプライヤーとしての展開拡大に乗り出していく。

荷台の内側にCFRTP製構造材を採用したGMのピックアップトラック

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る