【ジャカルタ=中村幸岳】帝人は、インドネシアのPETフィルム工場で積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程などで使う離型フィルムを増産する。2016年以降、1案件当たり最大数千万円を投じて高機能化・高品位化に向けて生産ラインの改造投資を推進。包装用途などに比べ付加価値が高い同フィルムの比率を早期に全体の8割以上に引き上げ、競争力を強化する。

生産ラインの改造投資を推進しているITFS本社工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る