帝人フロンティアは、水処理関連事業を新たな事業の柱に育成する。主力の特殊繊維担体を用いた余剰汚泥削減型水処理技術は、国内で公共下水分野への参入を進める。あわせて商社機能を活かして品揃えを拡大、水処理関連でトータルソリューションを提供する。これにより現在数億円規模の売上を、3~5年後に数十億円規模に引き上げる。

日本、中国を中心に十数件の実績がある

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る