帝人フロンティアは世界最細繊度のメタ系アラミド繊維を用いた耐熱バグフィルターを開発した。環境規制が強まる中国市場がターゲット。同国では現在、規制値をクリアできる高性能耐熱バグフィルターがなく、メーカーはバグフィルターの本数を増やしたり、電気集塵機を用いたりして対応している。すでにポリエステルナノファイバー製バグフィルターを投入しており、非耐熱と耐熱の両市場で需要を捉えていく。夏から実証試験に入り、2018年度中の完成、19年度の本格投入を目指す。

19年度の本格投入を目指している

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る