広島メタル&マシナリーは、金属コンタミの混入を抑制するビーズミル粉砕・分散機を開発した。メカニカルシールを廃止した新構造を採用することで、金属コンタミ混入を抑制できるうえ、メンテナンス費用の節約に役立つ。医薬品の原材料の粉砕をはじめ、化学品、食品、機能性材料などの適用を想定している。すでにプロトタイプは完成しており今後、製品化を進め、市場投入のタイミングを図っていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る