【蘇州(江蘇省)=但田洋平】工業用ロボットの製造や自動化システムの設計などを得意とする広東拓斯達科技股份有限公司は、蘇州市(江蘇省)にロボット工場を新設する。人件費の高騰や生産効率改善の要求が強まり、中国でも生産現場におけるロボットの導入や自動化システムのニーズが高まってきた。今年末にも工場建設に着手し、2021年の稼働開始を目指す。広州拠点と合わせ中型ロボットベースの年産能力を2倍の6000台以上に引き上げる計画。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る