広栄化学工業は、反応型イオン液体の提案を本格化する。官能基の導入により樹脂骨格中にイオン液体を組み込める。フィルムやコーティング表面へのブリードアウトを防ぎ、帯電防止性能を長期間維持する。熱安定性、外観を損なわない通常のイオン液体の特徴も有する。無機材料表面に修飾することも可能。通常グレードはアクリルやウレタン樹脂で実績を積み重ねており、生産量は世界最大規模となる。高付加価値市場を狙う反応型の拡販により、戦略製品として事業の裾野を広げていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る