海ごみをはじめとする廃プラスチック問題の解決に向け1月に設立された世界最大級の国際的企業アライアンス「Alliance to End Plastic Waste(AEPW)」は22日、日本で初めての国際フォーラムを都内で開催した。活動をリードするP&Gのバージニー・ヘリアス副社長と、日本からの設立メンバーである三菱ケミカルホールディングス、住友化学、三井化学のトップが会見し、日本企業に活動への参画を呼びかけた。続きは本紙で

左から岩田、越智、ヘリアス、淡輪の各氏

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る