廃プラスチック由来の水素でホテルの利用エネルギーをまかなう世界初の取り組みが、川崎市でいよいよ始まる。あす6月1日に開業する東急REIホテルでは、昭和電工の川崎事業所(神奈川県)が廃プラを原料にした水素から、燃料電池を通じ電気と熱を得る。同ホテルで使うエネルギーの3割に相当し、宿泊客が使った歯ブラシなどを原料として使う“地産地消”も目指す。


ホテル敷地内には100キロワットと国内最大級の能力を持つ東芝エネルギーシステムズの純水素燃料電池を設置した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る