一気に初夏の陽気となった日本列島。週末、主役がソメイヨシノから八重桜に代わった公園を歩いた。明らかに勢いを増した緑のなかで、ひときわ鮮やかな新緑と咲き乱れる原色の花々。忙しそうに歩き回るクロオオアリや芝生で何やらついばむ野鳥たち。全体が色彩と生命力に溢れてきた。▼いよいよ始まった3月期決算の発表は、連休明けがピークとなる。環境が急変した1~3月の状況が大変気になるところで、まずは連休前に発表する企業の業績に注目が集まる。しかし、大型連休中にはそうした日常事を一旦忘れ、縮こまった心を解放することにしよう。公園に行ったからだろうか。そんなことを考えた▼ところが連休を前に、思いがけず誰にも邪魔されない自由な時間を得た。午前中だけのはずの私用が長引き、会社を休んだためだ。誰の心配もせず、コンビニで自分のためだけの買い物をして帰宅する。そして夕刻、ゴルフチャンネルを見ながらメンチカツで飲むビール。最高だ▼ビールは2本しか買わなかった。ストックもなかった。しかし、ウイスキーのボトルがあった。食事もメンチカツのほかはサラダと納豆の太巻き一本しか買わなかった。しかし、目覚めると缶詰類のフタが空いていた。10日間も心を解放するのは大変危険である。それが分って良かった、としよう。(19・4・24)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る