今週末からいよいよ10連休。それに備えて、今週は多くの職場が普段よりも忙しいようだ。連休中も、不測の事態が起これば即座に対応しなければならない。自宅待機や遠出を控える立場なら、落ち着かない休みになる▼10連休は「自宅でくつろぐ」人が最多という調査結果もあるが、旅行に出かける人は多い。JTBによると、国内、海外を合わせた旅行者数は前年比1・2%増の2467万人で過去最高になる見通し。海外旅行は同6・9%増で、平均支出も過去最高が予想される▼国内旅行は、皇室ゆかりの伊勢志摩や改元にちなむ記念ツアーが人気を呼ぶが、全国の観光地、行楽地も例年以上の賑わいが期待できる。もちろんレジャー施設や飲食店、百貨店、ショッピングセンターなどにとっても絶好の商機。連休中の人手確保に苦労する業界は多い▼時事通信の調査によると、10日連続で休める人は32%で最多だったが、全く休まない人が15%、1日だけが4%、2~3日が18%もいる。その結果、30代の47%が10連休を「嬉しくない」と答える▼オリックスが先週発表した第3回「働くパパママ川柳」の大賞作〈10連休預け先無し金も無し〉に切実さがにじむ。子育て家庭には、保育所が休みで医療機関が休診となる休祝日が続くのは嬉しいことではない。大賞作に共感するパパママも多かろう。(19・4・22)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る