国内製薬企業による大型買収・提携の性格が変わってきた。従来のようなパイプライン(候補化合物)、あるいは地域を目的とするM&A(合併・買収)から、バイオ医薬品や遺伝子療法など新たな治療手段(モダリティ)獲得をすることに重きを置く案件が相次ぐ。背景にはこうした潮流に内資系製薬が乗り遅れていたことがある。ヘルスケア全般を対象に、同様の動きは今後も続きそうだ。続きは本紙で

オーデンテス買収の狙いについて語るアステラス製薬岡村副社長(右)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る