経済産業省、厚生労働省、中央労働災害対策協議会(中災防)と日本化学工業協会(日化協)など主要製造業10団体が参加する製造業安全対策官民協議会は、労働災害の原因となる「意図的なルール違反・ヒューマンエラー」を製造現場のリスクアセスメントに反映させる手法を開発した。各業界団体から集めた事例を分析し49項目に類型化した。整理表の形にまとめ、活用法も併せて示した。近く会員企業などの現場に試験導入し、有効性や課題を検証する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る